スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
東京医科大八王子医療センター
 東京医科大八王子医療センター(東京都八王子市)で00~07年に生体肝移植を受けた患者52人中20人が死亡した問題で、同大は22日、都内で記者会見し、関係者を処分したうえで「体制の改善などを踏まえ、手術を再開したい」と07年4月以降中止していた生体肝移植手術を再開する意向を示した。時期については明言していない。問題を巡っては、大学内外の有識者でつくる検証委員会が縫合や動脈合併症への対応などに問題があったとする調査報告書を、大学に提出している。

 都内で開かれた会見で、高澤謙二センター長は手術再開に向け「スタッフの確保、慎重な手術対象者の選択が必要」と説明。公的な外部機関に手術体制の改善を確認してもらったうえで、患者の希望に応じて手術を行うとの意向を示した。

 また、手術にかかわった同センター臓器移植外科・一般外科の長尾桓(たけし)主任教授に停職3カ月、既に退職した元センター長と元准教授に厳重注意の処分を行うと発表した。

 検証委がまとめた報告書は、医療センターで00年10月に始まった生体肝移植に関し、肝臓病患者と臓器提供者の血液型が一致しないなどリスクの高い手術が多かったと説明。一方、全体の4割近くが退院できないまま死亡していたことを「高い死亡率」と認め、手術の再開に向けて▽縫合技術の向上▽術後管理の改善--などが必要とした



ベットの件とか
いろんな
病院で
ボッタクリ

発生
している
らしいですね
まったく
油断
できないな・・・

スポンサーサイト
【2009/12/22 13:11 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。